平凡な日常をもっと楽しく

27歳OL。アラサーが毎日を楽しく過ごすために行く旅こと。仕事のこと。毎日のこと。

【AWS Summit Tokyo2019】初参加で分かった概要と見どころをご紹介!

f:id:momotaan:20190612142832j:image

こんにちは!

今日からAWS  Summit  Tokyo2019が幕張メッセで開催中です!2019年6月12日~14日の3日間限定開催の初日に行ってまいりましたのでレポートしたいと思います。

 

そもそもAWSとは?

AWSとは「Amazon Web Service」の略称であり、Amazonさんが社内の課題を解説するノウハウを蓄積して出来上がったクラウドコンピューティングサービスです。

※厳密に言うと、AWSは会社名(アマゾンウェブサービス株式会社)であり、AWS社が提供するクラウドサービスは「AWS  Cloud(クラウド)」です。

 

ただ、クラウドコンピューティグサービスって何だ?!って思いませんか?

 

クラウドコンピューティングとは、インターネットを介してストレージやアプリケーション等を使うことの総称です。

クラウドコンピューティングを使ったサービスの一例として、GoogleDriveやDropboxなどのストレージサービスやGmailなどのメールサービスがあります。

ちなみに、クラウド(GoogleDriveなど)に対してUSBやHDDはオンプレミス(物理的に自分たちで保有しているモノ)です。

 

 

AWS(AWS  Cloud)は、クラウドコンピューティングを実現するための環境を提供してくれるものの総称です。

要するに、自分たちで物理的なサーバー等を保有せずに、システムを使える環境を提供してくれるのがAWS(クラウド)ってことです。

 

AWS  Summit  Tokyo2019とは?

ではそんなAWSが開催する今回のサミットとはどんなものなのでしょうか。

AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関する情報交換やコラボレーション、学習を行うことができる日本最大級のカンファレンスです。世界 25 ヵ国 35 都市で開催され、あらゆる業界や学習レベルの技術者が、AWS を利用することでいかに自社のビジネスを迅速に革新し、柔軟で信頼性の高いソリューションを大規模に提供できるかを発見できる機会です。(AWS  Summit  Tokyo 2019公式サイトより引用)

つまり、日本国内でAWSを利用している多くの企業が集まって、自社製品にAWSをかけ合わせてどんな付加価値のついたサービスを提供しているかなどの情報交換をしたり、有識者の講演を聞くことのできるイベントなのです。

 

さすが世界のAmazon!受付までに長蛇の列です。

f:id:momotaan:20190612185257j:image

 

事前にネットで参加の申し込みを済ませておき(AWSの公式サイトから申込可能)、事前に印刷しておいた受付票を渡すと、受付でidを入れる透明のバッグと、展示ブースでのパンフレット等を入れるための袋がもらえます。

f:id:momotaan:20190612185615j:image

 

感じた見どころ

 では本日参加してきて感じたこのイベントの見どころを3つお伝えします!

 

行くなら絶対聞いてほしい!基調講演

 毎日朝10時~11時半限定で、アマゾンウェブサービス株式会社の社長をはじめとする有識者の講演を聞くことが出来ます。

中でも私が印象に残ったのは「2030年にはIT人材が60万人不足する」という話です。過去の10年でも目まぐるしいほどにIT技術は進歩し、話しかければエアコンが勝手に起動してくれたり、好きな音楽まで流れる時代になりました。

 

その進化がさらに次の10年で加速していくのですが、なかなかITについての知識や技術をもった人材の育成が追いつかず、市場に対して60万人が不足するということでした。

 

これをポジティブに捉えると、各企業や個人で早いうちからIT関連の知識を身に着けておくことで、今後様々な可能性が広がるんじゃないかと思います。実際にAWS社内でもIT人材の育成に研修制度を充実させるなど、かなり力を注いでいるそうです。 

 

各企業のITに関する取り組みやAWS活用事例が学べるセッション(講演)

朝の基調講演とは別で、午後からはAWSを実際に活用・導入している企業の事例を聞くことが出来ます。 各企業の担当者が40分間のプレゼンをしてくださるのですが、「なるほど、そんなクラウドの使い方があったのか」ととても興味深い内容でした。

 

自分のAWSの理解度や興味分野に応じて講演を選ぶことができるほど、とても種類が豊富です。きっと自分が「おもしろい!」と思える講演に出会うことができると思います。

 

多くの企業担当者と会話できる展示ブース

f:id:momotaan:20190612143340j:image

企業担当者が分かりやすい言葉でAWSを活用したサービスの内容について説明してくれます(しかも各社オリジナルのノベルティ付きです)!展示ブースを周るのであれば、AWSについてそんなに専門的な知識がなくてもある程度楽しめるかなと思いました。

 

また企業の方と名刺交換ができるため、興味が湧いた企業の取り組みについて改めてゆっくり聞くことが出来たり、今後のビジネスチャンスを作るきっかけになるかもしれません。

 

イベント所感

何より感じたのは、「参加の目的をはっきりさせて参加しないと、何しに来たのか分からなくなりそうだ」ということです。

特にどの講演を聞くかは、目的に応じて選んだ方がいいです。かなり種類が多く、選ぶ講演によっては専門的なワードがかなり飛び交います。笑

 

ちなみに私は自社でAWSを提案する機会があることから、AWSサービスの可能性や活用事例を吸収したくて今回のサミットに参加しました。何を知りたいかある程度イメージして来場した方が得るものが多そうです。

 

また先にも少し触れた通り、ある程度AWSに知識がある状態で参加した方が、内容の理解が早くイベントを楽しみやすいと思います。会場ではAWSについての本格的な専門用語(EC2、S3など)が予想以上に使われていました。

 

 

ただ、AWSとは?から知りたいという方向けに、入門編の講演もいくつか用意されていました!今回私はこちらの講演には参加しませんでしたが、AWSの成立ちや仕組み的なところから学べそうな内容でした。

 

つまり今回のイベントは、入門者からAWSの活用や導入に前向きの方まで。AWSに興味がある方へオススメのイベントだなと感じました。

 

 

さいごに

正直、そんなに活用のイメージが湧いていませんでしたが結構身の周りでAWSが多く使われていることに驚きました。高齢化が危惧されている今、企業では熟練技術者のノウハウをデータ蓄積してコンピュータにインプットしていくなんて話もちらほら。

 

内容が興味深かったことはさることながら、自分もITに関する知識に貪欲でいたいなと刺激を受けた1日となりました。

 

ちなみに毎年参加者にはノベルティが貰えるそうですが、今年はAWSカラー(オレンジ)のイヤホンでした!また、AWSの認定資格保有者(一緒に行った夫はこれでした)へのノベルティはステンレスホドルと限定バッジでした。

f:id:momotaan:20190612172601j:image

 

当日参加も可能ですし、次回開催(2020年5月12〜14日横浜パシフィコ)も決まっているようですので興味のある方はぜひ。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!