平凡な日常をもっと楽しく

27歳OL。日々のヒトとの関わりを通していろんなことを考えます。ときどき旅行。

【高千穂】人の数より神様の数の方が多い気がするパワースポット

こんにちは!本日は、これまで訪れた場所で最も神秘的だった、宮崎県高千穂町についてご紹介したいと思います。

 

人の数より神様の数の方が多い気がするパワースポット高千穂

高千穂は、日本の神話の主神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫が、国づくりをするために降り立った、天孫降臨の地として知られています。国づくりの中で、たくさんの神々がこの地に降り立ったとされ、町全体が、神秘的なパワースポットのようです。そんな高千穂の最強パワースポット3つをご紹介します。

f:id:momotaan:20190509212803j:image

 

高千穂神社

f:id:momotaan:20190509213000j:image

高千穂神社は、神々が住む高千穂峡の八十八社の総社とされ、約1900年前に建てられました。

f:id:momotaan:20190509213021j:image

縁結びや夫婦円満のご利益があるとされています。写真手前(または今回の記事の1枚目の写真)は夫婦杉(めおとすぎ)で、この杉の周りを大切な人と手を繋いで3周すると、①縁結び②家内安全③子孫繁栄の3つの願いが叶うといわれています。訪れたらかならず周りたいですよね!杉の木は、大きくそびえ立つような感じで、迫力があります。こちらで購入できる、縁結びのお守りはこの夫婦杉をモチーフとしていてとてもおしゃれです。私も買って、しばらくお財布の中に大切に入れていました。

f:id:momotaan:20190509224343j:image

ちなみに高千穂神社の御朱印はこちら。高千穂神社と縁が深い、槵觸神社もあわせて訪れましょう。

 

高千穂峡

f:id:momotaan:20190510191449j:image

阿蘇山の噴火の影響でできたとされている高千穂峡。神話の中で、水のなかったこの地に水をもたらすために天村雲命(あめのむらくものみこと)がつくったとされる、真名井の滝が有名です。
f:id:momotaan:20190509212848j:image

天気がよければ、ボートに乗って高千穂峡を楽しめるのですが、雨だとボートに乗れない可能性が高いです。天気を確認して旅程を立てるのがいいと思います。

 

私が行った時は台風の直後で水位が高く、ボートに乗れなかったのですが、遊歩道もあり、森の中を散策するのも楽しかったです。

 

天岩戸神社/天安河原

f:id:momotaan:20190510191528j:image

天岩戸神社の鳥居をくぐり、川の流れる小道を10分ほど歩いていきます。たくさんの緑と、流れる水の音の中、マイナスイオンをたっぷり浴びながら進みます。すると突然、少し掘られた洞窟のような場所に鳥居が現れるのです。
f:id:momotaan:20190509212900j:image

神話では天照大御神が、弟である須佐之男命(すさのおのみこと)のいたずらにお怒りになり、隠れた場所とされています。天照大御神が隠れてしまってから、地上ではたくさんの災いが起こりました。そのため、八百万の神々がこの地に集まって、なんとか天照大御神に出てきてもらうために話し合いをしました(日本初の国会とも言われているようですね)。その作戦が成功し、国に平和が戻りました。
f:id:momotaan:20190509212840j:image
f:id:momotaan:20190509212856j:image

鳥居の周りの小石をよく眺めてみると、どれも積み上げられているのです。この光景が、この空間の神秘さをより強調しているように思います。荘厳な雰囲気と、静けさの中、とてもパワーチャージされる気がして、実はここを目的に3回旅行しました。笑 また、願いを込めながら石を積むと、その願いが叶うと言われています。
f:id:momotaan:20190509212903j:image

f:id:momotaan:20190509224358j:image

天岩戸神社、天安河原宮の御朱印はこちら。「天」と言う文字がのびのび堂々と書かれていてかっこいいですよね。 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。神々の郷として知られる高千穂。たくさんの自然に囲まれて、人が少なく、落ち着いているので、なんだか人口よりも神様の数の方が多いんじゃないかと思わずにはいられません。都会の喧騒や雑踏に疲れたとき、カラダにもココロにも染み入るパワーをもらえる場所です。ぜひ一度、訪れてみてください。
f:id:momotaan:20190509212832j:image