平凡な日常をもっと楽しく

27歳総合職OL。転勤が多く、北海道生活が長かったので北海道が大好き!北海道のこと/仕事のこと/生活のことについて、読んでいて楽しくなる写真や内容を発信していくブログ。

【歯列矯正を迷っているあなたへ】アラサーOLが始めた裏側矯正のあれこれ

f:id:momotaan:20190623114213j:plain
 歯列矯正を始めてちょうど2年が経ちました。

まだ矯正は半ば(歯医者さんによるとあと2年くらいかかる)ではあるのですが、

結論、やってよかった!!

ちょうど長い矯正治療も折り返しということで、一旦あれこれ振り返ってみたいと思います。

歯列矯正ってお金もかかるし、歯を抜いたり削ったりで怖いイメージがある方も多いのではないかと思います。そんなこれから始めるか悩んでる方の参考になれば嬉しいです。

 

 

始めたきっかけ

小学生高学年くらいから出っ歯で、歯医者さんや両親にも矯正してみる?

と言われて育ちましたが、めんどくさいし痛そうなイメージがあって頑なに断り続けてきました。

中学生、高校生になって、好きな人とかできたりすると自分の口元が気になり始めて、写真を撮るときも笑い方とか結構気にしながらの日々に。

でも矯正器具ってつけると、矯正してます!って見た目が気になるし、、と思ってズルズル社会人に(笑)。

歯の裏側に矯正器具つける、裏側(舌側)矯正ができることを知った&自分で矯正代を出せるお金も溜まったし!

ってことでなんだかんだやっぱりずーっとコンプレックスだった出っ歯を治すことにしました!

 

矯正方法

矯正方法は、そりゃもう見た目が気になるから絶対裏側!と思って矯正歯科へ。

全然知らなかったけど、歯医者さんにも裏側が得意とか権威があるみたいな歯医者さんと、表側からしか矯正治療しません!みたいな歯医者さんがあって、、、

私の出っ歯具合で裏側からでもキレイに治せるぜ!みたいな歯医者さんに出会えるのに半年くらい(歯医者4軒くらい行ったかな)かかりました(泣)。

 

表側からの矯正の方が、

歯を動かしやすい(狙った場所にキレイに動かせる)

治療期間が裏側より短くて済む

治療費も裏側より安い

 

とかメリットも多いのが事実。

ただ、当時仕事でバリバリ営業をやっていて毎日お客様とお話する機会もあった&もともと見た目重視!っていう譲れない理由があったので、私は裏側矯正を選ぶことに。

 

費用

私は歯が大きくて、歯が骨格の中に収まりきらない結果、出てしまっていると。

だから上2本、下2本ずつ歯を抜いて、歯が収まるスペースを作って、そのスペースに歯を収めていく治療方法となりました。

それにかかる抜歯代+器具代でざっと80万くらい。

プラスだいたい月に1回ペースで器具の調整に行く必要があるのですが、その器具調整代金が1回7500円くらい。

※地域とか病院によって多少違うみたいですので各地域の先生にご相談を。

てわけでだいたい現時点で100万以上かかっています。

 

治療の流れ

f:id:momotaan:20190705212242j:plain

医者ではないので、説明を受けた&自分のこれまでの治療の経験で流れをまとめていきます!

 

Step1.

まず、矯正したいんです〜って病院に行くと、レントゲンとか写真とかとにかく口のデータをたくさんとられます。

で、だいたいあなたの歯だとこんな治療方針で、これくらいの期間と費用がかかるよ〜という説明を先生から受けます。

その説明を聞いて、治療を受けるか受けないかを決めるのが最初のステップです。

 

料金がそれなりにかかる分、不安なことは質問すればどの病院の先生もかなり丁寧に説明してくださるので、何かあれば遠慮せず聞いちゃいましょう。

 

Step2.

治療しますってなったら、私の場合抜歯が必要だったので早速抜歯。

上下4本一気だと歯に負担が大きいってことで、下を抜いた1ヶ月後に上って感じで進みました。

なにせ初めての抜歯でしたので、すごく緊張して臨みました。でも実際はそんな不安をよそに、麻酔がしっかり聞いてて痛みは全然なかったし、顔が腫れたりとかも全くありませんでした(親知らずなど奥の歯を抜くとかなり腫れるようですが)。

※私が抜いたのは上下とも前から4番目の歯で、隙間は見た目上はそんなに気にならないくらい。この空いたスペースに飛び出してる歯を引っ張って動かして、スペースを埋めつつ出っ歯を治すのです。

 

ちなみに矯正器具を付けちゃってから虫歯ができると、一回器具とって、虫歯治療して、また器具つけて、みたいな結構めんどくさい感じになるらしく、虫歯は治療し終わってから矯正を始めるのがおすすめです!

 

Step3.

抜歯が終わったら、ついに器具の取り付け!

長時間口開けっ放しでなかなか顎がつらかったです。笑

 

器具が付くと、舌の置き場所に困って慣れなくて最初は大変でした。

器具の尖った部分が舌にあたって痛すぎてご飯食べるのや話すのが辛くて、歯医者さんに電話して相談。そしたらその尖ってる部分にカバーをつけてもらえました(最初からつけてくれよ)

 

また、矯正器具をつけてから、食事の際に器具にほうれん草とかエノキとか、鶏肉とか、食べ物が挟まるようになっちゃって、すんごく気になります。

口の中でキレイにしておかないと、口内炎もできやすくなった気がして、毎食後の歯磨きが必須になりました。

矯正を始めるまで、朝と寝る前しか歯磨きしてない(しかもテキトー)だったけど、どこへ行くにも歯ブラシを持ち運んで、丁寧にブラッシングするのが習慣になりました!!笑

 

Step4.

器具をつけてからは、だいたい月一ペースで歯医者さんへ。

器具のクリーニングと、歯の動きに合わせて、器具についてるワイヤーを変えたり、引っ張る強さを調整してもらいます。

この調整は歯がキレイに並ぶまでずっと続いていきます。

 

Step5.

器具のワイヤーの力だけで歯を引っ張るのだととっても時間がかかるので、時間短縮のためにインプラントを打ちます。

 

私の場合は前歯を引っ込めるのがポイントなので、上顎の裏にインプラント(小さなネジみたいなやつ)を2本打って、そのネジと、前歯の裏側についてる器具との間にゴムをかけて、ワイヤーとゴム2つの力で歯を引っ張るかんじに。

インプラントを打つのすごく嫌だったんだけど、痛みは全然ない&歯が引っ込んでるのが自分でも見て分かるくらい、ワイヤーだけのときより治療が早く進みました。

ただ、インプラントを打つ際のリスクも事前に歯医者さんから十分に説明してもらいました。

 

私は今ココの段階(Step.5までが完了)にいるのですが、もう全然出っ歯じゃなくなって、友達や旦那さんに歯並びめっちゃキレイだねって言われるようになりました!

まだ抜歯した歯の隙間が埋まらないのでもうしばらくワイヤー+インプラントは続いていきますが。

 

Step6.

歯が引っ込んで、キレイに並んだら、いよいよ器具とはサヨナラです!

その後、器具を取っても歯が元の位置に戻っちゃわないように、固定する別の器具を付けます。

 

1〜2年くらい経過を見て完了という流れになるそうです。

 

Step6はまだ未知なのでざっくりですが、私の治療の大まかな流れはこのような形です。

 

つらかったこと・よかったこと

つらかったのは、もうなんといっても口内炎です!笑

そんなに頻繁にできるわけじゃないけど、慣れるまではつらいです。ただ、歯医者さんに行けば、速攻で効く口内炎の薬を処方してもらえます。市販でも簡単に手に入るのでそんなに心配はいらないかなと思います。

 

あと、毎回器具を調整した後の1日くらいは歯が動いてるような感覚(鈍痛)があって、お粥とかカレーとか柔らかいものしか食べれないのも辛いです。笑

 

よかったことは、まだ途中なのに出っ歯の見る影がなくなったことです!!写真を撮る時に遠慮せず思いっきり笑えるようになりました!

本当にこれが何より嬉しいです(感涙)!!!

また、骨格にも影響があったみたいで小顔になったねって言われるようになりました。そして既述の通り、歯磨きがめっちゃ丁寧になりました。

 

自覚症状はありませんが、歯医者さんいわく、歯並びが良くなると、噛み合わせもよくなって、骨盤とか姿勢とかにもいい影響があるようです。

 

費用も期間もそれなりにかかるけど、一生付き合ってく自分の顔や身体に関わることだから、本当にやってよかったと思っています。

まだ道半ばだけど、最後まで治療がんばるぞー!!

 

 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic