人間関係にまつわるエトセトラ

27歳OL。日々のヒトとの関わりを通していろんなことを考えます。ときどき旅行。

アラサーOLが貰って嬉しい結婚祝い

f:id:momotaan:20190526164548j:image

20代後半、そしてジューンブライド(6月)目前の今、結婚する友人がとても多いです。お祝いを選ぶとき「どう選べばいいかな」「何が喜ばれるかな」と悩むことはありませんか?今回は、自分も実際に頂いたり、贈ったりする中で、ベストだと思われるお祝いをまとめてみました!

 

 

そもそも渡すタイミングは?

一般的に結婚祝いを渡すタイミングは、結婚の報告を受けてから1ヶ月以内、または結婚式の前後1〜2ヶ月がベストと言われています。渡し方は直接会ってでも郵送でも特に失礼にはあたりません。早めにプレゼントするほうが、お祝いの気持ちがより伝わりやすいかもしれませんね。

 

選び方

では実際にプレゼントを選ぶ時、どんなことに気をつけて選ぶと喜ばれるものを贈ることができるのでしょうか。

 

欲しいものをあらかじめ聞いておく

 欲しいものを聞くなんてちょっと気が引ける、と思うかも知れません。でも「既に似たようなものを持っているかも」「他の人からも貰っているものかも」と悩みまくるよりも、「お祝いをしたいと思うんだけど、何がいいかな?」とシンプルに聞いておくほうが、贈る方も貰う方も結果的にハッピーです。長年ずっと一緒にいて、相手の好みや必要なものを知り尽くしている!という場合は良いかも知れませんが(笑)。実際に私も事前に聞いてもらったことがありますが、「私達に本当に合うものを選ぼうとしてくれているんだなあ」ととてもありがたい気持ちになりました。

夫婦で使えるものにする

 言わずもがなですが、結婚祝いは夫婦2人で使ってもらえるものがベスト。どちらか一人に絞ったプレゼントであれば、誕生日に贈りましょう。せっかくの結婚祝い。2人の結婚生活を思い浮かべ、仲良く一緒に使ってもらう姿を想像しながら選ぶのも楽しいですね。

予算を決めておく

 早い段階でだいたいの予算は決めておきましょう。関係性にもよりますが、1万円前後が多いようです。また、結婚式に招待されたのだけどどうしても出席が叶わない場合はご祝儀も兼ねてもう少し予算を上げてプレゼントを贈るなど、ケースに応じて検討するのがいいと思います。

 

おすすめアイテム

ここからは実際に私の経験から、嬉しかった・喜ばれたアイテムをご紹介したいと思います。

フードプロセッサー、お鍋などお料理グッズ

f:id:momotaan:20190526163537j:image

間違いないのはお料理グッズ! 最近は結婚した後も共働きの夫婦が増えてきていますので、時短につながるものや、気分を上げてくれるお料理アイテムがとても重宝します(されます)。朝のスムージーや、野菜を細かく刻むときに助かるフードプロセッサー。切れ味次第で野菜の甘みも変わってくるほど、お料理の要である包丁。少しお値段ははりますが、今流行りのストゥブは見た目もオシャレでお料理中の気分も高めてくれます♪

 

コーヒー、紅茶の詰め合わせ

 事前にコーヒーが好きか紅茶が好きかリサーチしておく必要はありますが、生活の中に欠かせない消耗品は喜ばれること間違いなしです!有名なコーヒーショップや、紅茶のお店はギフトラッピングもオシャレでかわいいものが多いです。また、価格も詰め合わせ次第で調整しやすいですし、マグカップやクッキーとセットにするなど他のプレゼントとの組み合わせもしやすい有能なアイテムです!

 

ディフューザー

 どうしてもプレゼントといったら個人的にはディフューザーは欠かせません。お家に帰ってきて玄関のドアを開けた瞬間に、ふわっといい香りがしたら。一日の疲れがとれる気がするし、2人でリラックスした時間を過ごすことができそうですよね。香りは好みや好き嫌いも分かれるので、店員さんにおすすめや売れ行きを聞いて、万人受けする香りを贈ればきっと喜んでもらえると思います。生活上、なくても支障はないものなので自分では買わないという方が多いですが、プレゼントでいただくととても嬉しいアイテムです。

 

食器

食器は多くの方がプレゼントに選ぶ可能性が高いので、事前に「食器を贈りたいんだけど、どんなものがいい?」「もう食器はたくさんあるかな?」など聞いておくことをおすすめします。私がいただいて特に嬉しかったのはカレー用のお皿とスプーンのセット。カレーって大量に作れて、作り置きもできるので、結婚生活には欠かせないメニューです。なので、かわいいカレー皿をにはとても感動しました!

 

美容家電

結婚式前に贈るのであれば、美顔器などの家電も素敵だと思います。また、美容家電というと女性向けになってしまうイメージが強いですが、我が家の場合は旦那ちゃんも一緒に使えるヘアドライヤーがとてもありがたかったです。一人暮らしのときには、「とりあえず髪乾かせればなんでもいいや!」と思っていました。でもワンランク上のヘアドライヤーさんは、毎日面倒なお風呂上がりのドライヤーの時間を、楽しみな時間にしてくれます。

 

さいごに

 いかがでしたでしょうか。正直、どんなプレゼントであってもお祝いの気持ちが伝われば嬉しいのは間違いありません。でもせっかく贈るのであれば、より相手が喜ぶもの、使ってもらえるものを選びたいですよね。今回の記事のアイテムが、プレゼント選びのヒントになれば幸いです。

 

 今回もお読み頂き、ありがとうございました!

【いじめ保険が販売開始】なくならないイジメについて考えてみた

f:id:momotaan:20190525114243j:image

昨日、ネットで日本初の「いじめ保険」がリリースされたという記事を読みました。小学校低学年を中心に、子どものいじめは年々増加の一途を辿っています。「いじめ保険」は、そんな子どものいじめにかかる弁護士費用を補填する、というものです。

 

いじめがあっても、その事実を加害者側が認めないケースが多く、被害者が苦しみ続けることが多いのが現実。そんな場合に、①弁護士が解決に向けた相談にのってくれること(証拠の集め方など)②一連の解決に向けた弁護士費用を負担してもらえること③子どものケンカや物損などのトラブルについても補填されること、この大きく3つが「いじめ保険」の特徴です。

 

※参考のニュース記事はこちら

amp.review

そういえばこんな体験を思い出した

このニュースを読んで私自身も中学生の時ですが、いじめを受けた体験を思い出しました。1回目のいじめは中学1年生のとき。部活の友達に突然無視されるという、なんともシンプルなものです。最初はそれがいじめであることに全く気が付かず、「単に相手が機嫌が悪いだけなんだろう」なんて思っていました。1週間ほど続いてやっと「あれ?これもしかして?」と思うようになりました。部活のある1人が、みんなに声をかけて私を除け者にして楽しんでいると、他の友人から聞いて初めて「これがいじめか!」と疑念は確信に変わりました。結局私が確信したころには、いじめのリーダーは私を無視することに飽きたようで、いじめが始まる前までの日々に戻りました。

 

2回目は中学3年生のとき。「(私の)友達のAちゃんが狙っている男の子が、私のことを好きらしい」という噂が広がり、私は何をしたわけでもないのに「友達の男を奪った」とか「友達が●●(男の子)のこと好きだと知ってたのに裏切った」とか散々なことを学校内で言われました。当時はガラケーの時代でしたが、シンプルな「ブログ」を書いている子が多く、そのブログに明らかに私のことだと分かるような悪口の書き込みをされたりもしました。

 

結局その男の子が、特に私から何かアクションを起こされたわけでもないことをAちゃんに話してくれたり、味方になって噂を消してくれる友達が多く、1週間ほどで事はおさまりました。今思うと懐かしく、貴重な経験だったと思います。いじめにあったおかげで、心無い言葉でどれだけ傷つくかなど、人として大切なことを学びました。でも、あの時は毎日学校に行くのが本当に辛かったです。

 

対策はあるのか

貴重な経験をしたとはいえ、いじめは、ないに越したことはありません。でも今は、私が子どもだったときと違ってスマホが普及しました。それによってラインのグループを活用した連絡が一般的になったり、Twitterで気軽に思ったことを発信できるようになったりと、いじめのきっかけになり得る媒体が溢れていると思います。また、思春期の小学生・中学生の間のトラブルはどうしてもゼロにすることは難しいと、実際にいじめを受けて思います。本当にひょんなことから始まってしまうんですもん。

 

ではどうすれば少しでもいじめを防ぐことができるのでしょうか。

 

当人同士への働きかけとして、学校では「いじめ」に関するビデオを流したりと、対策はしているようです。でも、一番大事なのは周りの大人たちがしっかりその気配や雰囲気に気づくことだと思います。私がいじめを受けたのは中学生で、周りの子も物事の善悪が冷静に判断できるようになっていましたから、味方もできて自然に解決に至りました。でもきっと小学生の頃なんて、子どもだけの力で解決していくことはかなり難しいです。だから今回のような「いじめ保険」ができたんだと思います。大人が見て、子どもの様子が「なんとなくいつもと様子が違うな」と思ってもそれが確信できるような証拠を集めたり、相談できる先は少ないと思います。そんなときに頼れるのが、今回の保険なのかなと思っています。

 

さいごに

当人同時で解決したり、未然に防ぐことができたらそれが一番だと思います。ただ、子どもが人として成長していく上で、いろんな価値観・性格の他人と関わっていく必要があるのも事実です。そうするとちょっとした勘違いやすれ違い、合う合わないが発生して、いじめにつながる可能性はやはり防ぐのには限界があります。なので、私達大人がしっかり気付いて、対策できるように心がけておくことが必要なんだと思います。

「いじめ保険」、使う機会がないのが一番ですが、覚えておいて損はなさそうですね。

 

 

本日もここまでお読みいただき、ありがとうございました!よい休日を!

【書評】『コンビニ人間』を読んで考えたこと

こんにちは!皆さまこちらの本はご存知ですか?

 

「コンビニ人間」(作者:村田沙耶香)は2016年に芥川賞を受賞した作品です。本屋さん、テレビなどでもかなり取り上げられていたので、もう読んだよ~見たことあるな〜という方も多いのではないでしょうか。今日はこちらの本の魅力と、読んで私なりに感じたことを綴っていきたいと思います。あらすじを交えながら書いていきますので一部ネタバレを含みます。

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 

魅力1:主人公の経験が他人事ではない気がして惹き込まれる

この本の主人公は幼い頃から「普通の」人とは違った言動が目立ち、両親に心配されたり、友人から距離を置かれてしまいます。周りの人達の反応から、自分が思ったままに発言したり行動したりするとダメなんじゃないかと思った主人公は、自分の考えや思いを押し殺し、周りの「普通の」人たちの反応を気にしながら大人になっていくのです。無難であることを意識して。

 

仕事や飲み会で盛り上げるためや、自分的には良かれと思って言ったことでも、場がシーンとなってしまった。。みたいな経験ありませんか?主人公は、この本の中で「普通じゃない」人として描かれ、過度に無難であることを意識して過ごしています。でも周りの反応を気にしてその場に合わせようとするのは、私達も無意識に行っていることなんじゃないでしょうか。そんな視点で読み進めていくと、一風変わった主人公の日常がとても他人事には思えず、ストーリーにあっという間に惹き込まれていくのです。

 

魅力2:個性が際立つ登場人物たちが面白い

物語の舞台のほとんどは、タイトルの通りコンビニです。コンビニのアルバイトは主人公にとって、無難にマニュアルに沿って動いていれば感謝される、究極の業務と位置づけられています。自分の意見や協調性が求められる社会に馴染めずにいた主人公が見つけた天職が、コンビニのアルバイトでした。余談ですが、ももたん(私)も学生時代コンビニでアルバイトしていたことがあったので、店長やバイト仲間、お客様との描写も一つ一つ目に浮かんで、なんだか懐かしい気持ちになりました。笑

 

個性をなくして無色に生きる主人公と対比するように、周りの登場人物たちがかなり個性的です。主人公から見ると、「普通の」人に描かれているのですが、それぞれに強いキャラクターがあるのです。中でも、主人公の彼氏となる人物がかなりのクセモノです。ただ、「自分が普通じゃないだけなんだ」と主人公自身が思っていることや、彼氏ができたこと自体に家族や友人が喜んでくれたりするもんだから、そのクセモノ加減になかなか気がつきません。なかなかじれったくて、彼氏が出来た辺りから本を読むスピード増し増しです。笑

 

魅力3:コンパクトに凝縮されたストーリー

ページ数は160ページと、小説の中では比較的短いと思います。本当にあっという間に読み終わります。この短い話の中に、よくこれだけのストーリーを詰め込んだものだと感服の一冊です。中だるみしたり、面白くなるまでに100ページくらいかかるスロースタートではありません(笑)。無駄な部分が全く無い!そして読んだ人それぞれに、その数だけいろんな解釈・感想がある小説なんじゃないかと思います。本を読むのがちょっと苦手、という方にもさくっと読めておすすめです。

 

さいごに

主人公はひたすらに個性をなくして生きています。マニュアル(こうすれば大丈夫、上手くいく、みたいな手引きって参考にしますよね)や周りの人のリアクションは確かに多くの人が気になる部分だと思います。でも、これからAIの時代が進んでいくと、マニュアルが決まっていることや、無難や「普通」であることは、ロボットに取って代わられる可能性が高くなります。本当に「コンビニ人間」になってしまっては、仕事を失ってしまいかねないです。マニュアルや周りのリアクションを参考にしながら、自分の個性を磨き伸ばしていくことが、今後さらに求められる時代になってきているのではないでしょうか。

 

誰もが無意識に気にしている「普通」に生きていくことと、その中で自分はどう生きていくべきかについて考えさせられた作品でした。さすが芥川賞。おすすめです。

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました☺️

悩み事でストレスを溜めないための10の習慣

f:id:momotaan:20190520224030j:image

気がついたら歯を食いしばってる、眉間にシワが寄ってる、肩に力が入ってる。 無意識なんだけど、どれも気づいてハッとした経験ありませんか?どれも悩み事や考え事をしているとなりがちです。深く悩み込んでいる状態では、いいアイデアも浮かばなければ、どんどん煮詰まって気持ちも暗くなっていく一方です。

 

自称マジメな性格の私は営業を始めたばかりの頃、悩みごとばかりの毎日で、家に帰ってもぐるぐると悩んで疲弊していました。でも、悩み事とうまく付き合うためのコツを見つけたら、毎日の仕事がとってもラクになったんです。本日は私が社会人5年間をかけて発見した「悩んでストレスを溜めないためのコツ」を10個ご紹介させてください。

 

1:悩み事は朝かお昼にする

私は新入社員の頃、家に帰ってからもモヤモヤとその日一日あったことや、明日の仕事のことを考えて悩んでしました。外が暗くなって、一日疲れた頭と心で悩んでいても明るい答えはなかなか出てきません。仕事のことであれば家に帰ってまで悩むのはスパッとやめて、朝いつもより少し早く出勤して考えるのがおすすめです。

 

2:空を見上げて深呼吸

 悩んでいると、無意識にうつむきがちです。ずっと下を向いてコンクリートとにらめっこするのをやめて、たまには空を見上げて見ましょう。雲が綺麗だったり、月が綺麗だったりして、心がリラックスできます。そこでさらに深呼吸してみましょう。たったこれだけのことですが、心にも脳にもたっぷりと酸素が巡って、新たな視点やアイデアが思いついたり、きっとポジティブになれます。

 

3:煮詰まったら6秒以上は考えない

 例えば1時間一人で悩んで、良い答えが出た経験ってどれくらいありますか?私は、煮詰まってしまって6秒以上悩んだら、一旦考えるのをやめることにしています。それでトイレに行ったり、コンビニでお菓子を買ったり、時間を置いてまた考えるようにしています。会社の会議でも、答えが出ないのにダラダラ話し合いが続くことがありますが、時間が勿体無く感じます。少し考えて答えが出ないのであれば、思い切って考えるのをやめて、一度リフレッシュしちゃいましょう!

 

4:誰かに話を聞いてもらう

 これ、私的にはかなりおすすめです。第三者に話を聞いてもらうことで、客観的な意見をもらうことが出来ますし、なんといっても自分自身の思考が整理できるのです。声に出して悩んでいることを言ううちに、自ずと自分の話が自分の耳に入ってきて、「あれ?改めて考えると大したことないな」と思ったりすることって結構あります。笑

 

また、優しい友達であれば「それは大変だったね」とか「頑張ってるね」など肯定するような言葉をかけてくれることもあるでしょう。その言葉で安心感や自信を得ることもできます。

 

5:紙に悩みを書き出す

 誰かに話せるような悩みではないときや、一人になりたいってときにはこちらがおすすめです。紙に書き出してみると、客観的に内容が整理できます。また書くことでも何でも、抱え込まずに吐き出すことはストレス発散にもつながります。

 

6:お風呂にゆっくり入る

要するに、リラックスしましょう。ずっと心も体も強張ったままでは疲れてしまいます。湯船にゆっくり浸かって、目を閉じて深呼吸してみましょう。1日頑張っていろんなことを考えた自分に、なーんにも考えないご褒美の時間をあげましょう。そして意外と、ぼーっとリラックスしている状態にある時の方が、新しいアイデアや解決策がぱっと浮かんでくるものです。

 

7:こめかみをマッサージ

こめかみを押すことで血液の巡りがよくなって、疲労や頭痛の緩和に繋がります。簡単にできることですので、それこそ湯船に浸かっているときにでも、軽くくるくるとマッサージしてみましょう。疲れがとれて、明日のいいヒラメキにつながるかもしれません。

 

8:夜は早く寝る

夜寝る間際までいろいろと考えて眠れなくなってしまった経験ありませんか?寝不足になってしまい、次の日思考が回らないなんて経験もある方多いのではないでしょうか。また明日一日元気に頑張るために、考えるのはやめて早めに寝ちゃいましょう。朝、クリアな頭と心で考えれば大丈夫。死にはしません。

 

9:寝る前に鏡に映った自分を労う

悩みすぎると悲観的になったり、ネガティブになることがあると思います。頑張ってる自分を、自分だけは認めて褒めてあげましょう。ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、鏡に映った自分に「1日よく頑張った!」「おつかれさま!」と声をかけてみると、不思議と気持ちが楽になります。

 

10:ラジオ体操をする

既述の通り夜煮詰まった悩み事は朝リベンジがおすすめな私ですが、朝おすすめなのがラジオ体操です。激しい運動ではないですが体を動かすと、頭も体もスッキリします。ラジオ体操を朝の朝礼で行う会社もありますが、お家でもぜひお試しください。朝からジョギングするよりも始めやすいですよ!(笑)

 

さいごに

 いかがでしたでしょうか。無意識に歯を食いしばると、顔が強張ってしまったり。眉間にシワが寄っていると、周りの人に近寄りがたい印象を与えてしまったり。悩むことは大切なことですが、悩み過ぎは良くありません。悩み事との上手な付き合い方を身に付けたいものですね。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

【麻布十番】気取らないフォーマルイタリアンはクチーナヒラタ

f:id:momotaan:20190519193252j:image

こんにちは!今日もそろそろお昼時ですね!今回は麻布十番の隠れ家イタリアン、クチーナ ヒラタのランチをレポートします!ワンランク上のイタリアンを気張らずに美味しくいただきたい、そんなときにおすすめの名店です。

 

クチーナ ヒラタ

東京メトロ麻布十番駅から歩いて5分ほどの場所にあります。お店に辿り着くまでの道にはオシャレなお店がたくさん立ち並んでいて、さすが麻布十番といった感じです。

 

お店はビルの中に入っていて、気を抜くと気付かずに通り過ぎてしまいそうな、隠れ家感が魅力的です。席につくと、月ごとのメニューを渡されます。

f:id:momotaan:20190519192831j:image

庶民な私は一番シンプルなAを選択。パスタのラインナップの中からリゾットを選びました。店員さんが旬の食材を使ったおすすめのパスタを教えてくれたり、上着を預かってくれたりと、優しく接客してくださいました。


f:id:momotaan:20190519192839j:image

まずはパンから。あたたかいまま運ばれてきます。どれもふわふわでとても美味しいのですが、個人的には中央のクルミのパンが気に入りました。


f:id:momotaan:20190519192848j:image

季節のサラダ。フルーツトマトがめちゃくちゃ甘くてびっくりしました。そしてモッツァレラがとてもジューシーで濃厚です。このサラダ、本当に美味しくて感動しました!美味しいのにボリュームもあって大満足です。


f:id:momotaan:20190519192845j:image

そしてメインのリゾット。アスパラの程よい食感、パルミジャーノチーズの風味がたまらない一品です。ほんのり胡椒が味にパンチを効かせてくれています。


f:id:momotaan:20190519192836j:image

コース内にはデザートと食後のドリンクも含まれています。こちらはパンナコッタとライチのソルベ。一緒に行った友人はオレンジのタルトとバニラアイスでした。デザートはメニューから選ぶのではなく、お店こだわりの一品をおまかせで出してくれるのです。何が出てくるのがとっても楽しみですよね。お味も文句なしの美味しさです。

 

f:id:momotaan:20190521074248j:image

店内の雰囲気はこんな感じ。フォーマルな雰囲気ですが、気さくな店員さんのおかげもあってかあまり気張らずにゆったりとお食事を楽しむことができます。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。友人とのランチやデート、記念日にもぴったりのお店だと思います。今回はワインはいただきませんでしたが、ワインの種類も多く取り揃えられていました。お料理の味もお店の雰囲気も良く、人気のお店なので事前に予約をして行くことをおすすめします。ぜひ一度。

 

 

✓クチーナ ヒラタ

東京都港区麻布十番2-13-10

エンドウビル3階

050-5868-8411(予約可)

結婚30周年の夫婦から学ぶ仲良しの秘訣

f:id:momotaan:20190519104914j:image

私の両親は先日結婚30周年を迎えました。今でも土日は揃ってお出かけしたり、最近飼い始めた犬との動画を送ってきたり、と仲の良い夫婦です。また、先週会社の飲み会で、営業部長が結婚30周年を迎えたという話を聞きました。今回は、2組の夫婦から聞いた話と私のこれまでの経験から、夫婦仲良しの秘訣についてレポートしたいと思います。

 

ずっと仲良く過ごしたい

「3組に1組は離婚する時代」、なんて言われているのをよく耳にすると思います。この人とならずっと仲良くいれそう!と思って結婚する人が多いはず、離婚を見据えて結婚を選ぶ人はきっと少ないはずなのに、なぜ離婚に至るのでしょうか。

 

社会人で独立したとすると、自分の父や母とさえ、30年も一緒に過ごしません。それなのに、出会って数年の他人と30年、40年、50年もずっと仲良くいることなんてできるのでしょうか。未来の事は不確定です。でも「仲良くいたい」というその気持ちを大切に、今から心がけて過ごしていくことがきっと未来にも繋がっていきます。

 

仲良しの秘訣

社会人になると、自分の父母以外にもたくさんの大人と出会います。本当にいろんな夫婦のカタチがあるなあと感じてきました。それでは早速、私が学んだ夫婦仲良しの秘訣をご紹介したいと思います。

 

秘訣1:魔法の言葉を忘れない

今年結婚30年を迎えた我が部長は、結婚式でスピーチを頼まれると、必ず結婚生活でお互い意識するとうまくいく、「魔法の言葉」を新郎新婦に贈るんだそうです。その魔法の言葉について、私なりの解釈を綴りたいと思います。

 

①「ありがとう」

言わずもがなですが、感謝の気持ちは必ず伝えるようにしましょう。長年一緒にいると、ご飯を作ってお皿を洗ってもらうのは当たり前、遅くまで働いてお金を稼いでもらうのは当たり前、と思ってしまうかも知れません。でもそれ、当たり前なんかじゃありません。お互いのことを思いやるから、支えたいと思うからできることです。

 

また、「常々ありがたいなあと思っているよ」なんて言う方もいらっしゃいます。「ずっと一緒にいるんだから、言わなくても思いは伝わっている」と思っていると。そりゃあなんとなく考えていることは汲み取れるようになるかもしれませんが、超能力者でもない限り、相手の思いを100%感じ取れる人なんていません。それに、感謝されて嬉しくない人はいないです。夫(妻)は、自分にとって一番笑顔でいて欲しい相手のはずです。「ありがとう」と思ったら、迷わず伝えましょう!

 

②「ごめんね」

何年経っても、素直でいましょう。

 

私がまだ小学生くらいのとき、両親が1週間くらい口をきいていない時期がありました。父と母のただならぬ空気に「もし離婚してしまったら父と母どっちについていくべきか」、なんて弟と話し合ったりしていました。そんな時期があったことを、最近父と母に話したところ、二人とも「え、そんな時期あったっけ?」てな感じで覚えいない様子でしたが。笑

 

今自分も大人になって結婚して思います。意地をはって素直に「ごめんね」と言えなかったり、言ってもらえなかったりすると、ますます意固地になって気まずい状態が続いてしまいます。後から「ああ、あのとき一言謝れていたらなあ」とタラレバ女(男)になる前に、「ごめんね」と素直に言える関係でいましょう。

 

③「うん、そうだね」

魔法の言葉の3つ目は、ベタに「愛してる」とかそんなところだろうと思っていたのですが、こちらの言葉でした。

 

元々他人なわけだから、もちろん意見が食い違うこともあります。でもそんなとき、どちらかが「うん、そうだね」と相手の意見を受け入れることができたなら、ケンカには発展していかないのです。「ここだけは絶対に譲れない!」ということ以外、ちゃんと相手の意見も受け入れていくようにお互い意識したいものです。とはいえ、ずっと相手の意見を受け入れっぱなしではストレスが溜まってしまうので、そんなときは山登りに行ったり、ゴルフに行ったりと趣味でリフレッシュするそうです。

 

秘訣2:寝室を分けない

私の両親も、部長も、仲良し夫婦は寝室が今でも一緒という方が多いです。どんなに日中すれ違ってしまっても、寝室が一緒であれば「おはよう」と「おやすみ」の最低限一日一言は交わせる機会があるからです。どんなに少なくても会話をして、コミュニケーションを取ることは、お互いを理解し合う上で必要不可欠なことです。子どもが小さい時等は、別でも仕方がないのかもしれません。でも、分けないことで「何時に帰ってきてて、いつの間に家にいるのかよく分かんない」のようなただの同居人になってしまうことを防ぐことができるのです。

 

秘訣3:指輪を外さない

手は自分のパーツの中で、鏡を使わずに見ることができ、かつ目に入る頻度が最も高い場所です。そのため結婚指輪は、見るたびに結婚時に誓ったこと、思ったことを自分自身に思い起こさせてくれるのです。仕事の都合や衛生上、ずっとは付けていられないとう方もいると思います。土日でもいいので、付けることのできるときに、付けてみるのはいかがでしょう(余計なお世話ですね笑)。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。自分の父や母、兄弟よりも共に過ごす時間の長い夫(妻)。いつまでも結婚を決めたときと変わらない関係で過ごしていきたいものですね。どの秘訣も簡単に取り組めるものばかりなので、これからも仲良く過ごしていけるよう、心がけたいと思います。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

 

なぜ女子会はいくつになっても楽しいのか

なぜ女子会はいくつになっても楽しいのか

f:id:momotaan:20190518185345j:image

友人、職場の仲間とのランチや飲み会は、楽しいですよね。特に、アラサーになっても私の母親(アラフィフ)も、世代を問わず気のおけない女同士で集まるのは楽しいものです。その時々によって話題の傾向は変わっていくものの、何が「また集まりたい!」と思う理由になっているのでしょうか。

 

女子会とは

そもそもアラサーは「もう女子といえる世代ではないでしょ」「アラサーが集まっててもそれって女子会って言うの?」と思う方もいらっしゃると思います。というわけで「女子会」という言葉の意味について調べてみました。

 

女子会とは

主に女性だけで飲食店などで集会を開き、女性だけで話をする宴会のこと。「女子会」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。2019年4月16日(火)07:16

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E4%BC%9A

 

とされています。つまり「女性」であれば年代は問わず、女性が集まってランチを食べたり、おしゃべりをすれば「女子会」が成立するということですね。ではなぜ「女子会」は楽しいのか、そのポイントを私の経験からまとめてみました。

 

女子会が楽しい理由

楽しいことや悩みを共有できる

女性は男性よりも、仲間同士で「共感」し合うことによって、楽しさや安心感を得られる傾向があります。女子会であれば、女性ならではの体験や悩みを共有し、お互いに共感することができるのが女子会が楽しい一つの理由だと思います。

 

例えば、「肌の乾燥が最近ひどいんだけど、スキンケア何してる?」から始まって、「この前初めて使ってみたクリームがとても良かった!」のような生活やコスメに関すること。また「家事と仕事の両立がなかなか大変なんだけどみんな仕事これからどうしていく?」のような仕事や将来に関すること。いろんなジャンルで女性ならではの悩みを共有しあって、いろんな意見を交わしたり共感し合うことができるのが女子会ならではの良さだと感じでいます。

 

ちょっとオシャレな空間でリラックス

最近では「女子会」と検索ワードを入れると候補に「おしゃれ」というワードが続くほど、女性好みのお店が簡単に見つかるようになりました。ソファ席があったり、店内に置いてある雑貨やインテリアが可愛かったり、店員さんがイケメン揃いだったり(笑)。メニューも、ドリンクの種類が多かったり、野菜を使ったメニューやデザートの種類が多かったり。お祝いのプレートのデコレーションが可愛かったり。

 

小料理屋や、チェーン店、きたなトランなお店ももちろん美味しいところがたくさんあって大好きです。でも、お店の雰囲気や見た目、そしてメニューなど、いくつになってもキラキラしたり、可愛いものには心躍っちゃいますね。

 

女性として輝くモチベーションになる

 昔から仲の良い友人に、久しぶりに会うと「綺麗になった!」とか「仕事バリバリ頑張ってるな~!」など自分の刺激になることが少なからずあります。「なんでそんなに綺麗でいられるの?」「家から帰ってきて夕食どうしてるの?」など自分の悩みを聞いてもらったり、お互いにアドバイスし合ってとってもリフレッシュできたり、新たな発見があったりするのです。

 

同年代や、先輩などやっぱり同じ女性の輝く姿は「●●は家事も仕事も頑張ってたし、私ももう少し頑張ってみよう!」のように、モチベーションに繋がります。

 

さいごに

 書いていたらさっそく女子会を開きたくなってきたのでこの後友人に連絡してみたいなと思います。最後に、参考までによく女子会で使うおすすめのお店をご紹介させてください(デートにもおすすめです)。比較的どこからもアクセスが良い東京駅近辺のお店です。どちらのお店も事前の予約をおすすめします。

 

こちらは東京駅の地下と直結していて、雨が降って髪型やお化粧が崩れるのが心配な女性にも嬉しい場所にあります。店内の石窯で焼いてくれるピザは絶品です。ワインも美味しく、イタリアンがお好きな方におすすめです。

tabelog.com

 

 ここの店員さん、可愛い&イケメンな気がします(笑)。ソファ席があって、店内の証明の明るさもほどよく、とても落ち着きます。ここのお肉と、可愛くて美味しいデザートプレートが個人的には好みです。

tabelog.com

 

以上

女子会の楽しみ方は人それぞれだと思いますし、女子会ごとに楽しい理由がきっとたくさんあると思います。いくつになっても、女同士、悩みや楽しいことを話して盛り上がって、笑いあえる関係、そんな場って素敵ですね。

 

本日もここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。